大人になってから発達障害に気づく人が多い

アスペルガー症候群は脳機能の発達障害で、少年期に特徴的な言動があるが、気づかずに成長することもある。

脳機能障害で、社会的認知が不十分で、本人が気づかず、社会生活で問題が深刻化することもある。

発達障害では、社会性、学習能力、注意・行動制御、言語能力、微細運動での遅れがある。

アスペルガー症候群の人は少年期から言動に問題があり、社会生活で問題が表面化・深刻化し、対応できず、生きにくくなる。

アスペルガー症候群には、積極奇異、受け身、孤立の三種があり、幼児期と成人期では種類が異なる事もある。

  1. 積極奇異タイプ 知らない人にも話しかけたり、馴れ馴れしくする。
  2. 受け身タイプ 自分から積極的に接することはなく、誘われればつきあう。
  3. 孤立タイプ 他人と関わるのが苦手、孤独を好む。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中