アスペルガー症候群は自閉症に含まれる

アスペルガー症候群は自閉症と類似し、同じ自閉症圏の障害で、両者は自閉症連続体に位置づけられる。

自閉症は最初知的障害と併存すると考えられたが、今では低中高の3機能に分類される。

自閉症連続体の診断基準は、社会性、言語的交流、想像力の障害で三つ組の障害と呼ぶ。

自閉症とアスペルガー症候群は、成長と共に状態像が変化する。
診断基準は一般的なのと三つ組がある。

自閉症連続体には知的・言語能力に高低があり、カナータイプ、高機能、アスペルガー症候群がある。

自閉症連続体の共通特性は、対人関係形成困難の社会性障害と変化を嫌う想像力の障害。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中