アスペルガー症候群の感覚過敏性と鈍感性

アスペルガー症候群では五感のどれかが敏感でも鈍感でも選択的注意に不具合が生じ混乱しやすい。

感覚の不均衡は人により異なる。成長につれ目立たなくなるが、バランスの悪さは残る。

アスペルガー症候群の人は視覚、聴覚、嗅覚、味覚、温痛覚のどれかの感覚がアンバランス。

感覚の不均衡は成長と共に改善されるケースと大人になっても変わらないケースがある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中