発達障害の症状は連続的に変化し分布している

アスペルガー症候群は自閉症スペクトラムに含ま学習障害(LD)注意欠陥多動性障害(ADHD)と重なり発達障害スペクトラムとして捉える場合もある。

発達障害は知的障害と身体障害を除いたもので発達障害支援法の対象となっている。

発達障害は各自重なりもあり連続体と考えられる。アスペルガー症候群、LD、ADHDもその仲間。

発達障害はアスペルガー症候群、高機能自閉症、発達性協調運動障害、発達性言語障害、ADHD、LDがある。

発達障害とは自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、LD、ADHDに類する脳機能の障害。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中