注意欠陥多動性障害(ADHD)は不注意が目立つ

ADHDの人は少年期に多動性や衝動性が多いが成人すると不注意が目立ってくる。

ADHDには不注意型、多動・衝動性型、混合型があり、症状の現れ方は人により異なる。

大人のADHDでは衝動性の自制を身につけられるが不注意や衝動性は残りやすい。

ADHDの行動特性は行動が先に出る衝動性、じっとできない多動性、情報整理苦手な不注意の3種類。

ADHDは前頭葉や尾状核が小さく脳波形も幼く脳形成が未成熟なのが原因。

ADHDでは前頭前野の膜輸送体の過剰機能によるドーパミン再取込みで情報伝達不可になる。

ADHDの70%に薬は有効で、治癒はしないが不注意や多動・衝動性は一時的に抑えられる。

コンサータもストラテラもドーパミンの過剰取込みを防ぎ神経伝達物質を増やす。

神経伝達物質
ドーパミンは幸福感や運動調節の神経伝達物質で不足だと震え、過剰だと幻覚が生じる。

ノルアドレナリンは不安、恐怖、記憶、集中に関与し不足だと意欲低下、過剰だと躁状態になる。

セロトニンは他の物質を制御し精神安定させる。不足だと感情の制御不能、過剰だと錯乱する。

広告

注意欠陥多動性障害(ADHD)は不注意が目立つ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 発達障害の症状は連続的に変化し分布している | 大人のアスペルガー症候群

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中