発達障害では体のバランスが悪く不器用な人が多い

発達障害の人は筋緊張が弱く感覚情報が脳に伝わりにくいので良い姿勢維持が苦手。

感覚情報伝達不全の為、状況判断や手足の協調が必要な粗大運動が苦手。

発達障害の人は微妙な力加減が分からず微細運動苦手だが反復練習で不器用さは解消する。

運動苦手や不器用でも特定能力に優れる場合がある。得意不得意は人により異なる。

少年期には歩行が下手で転んだり不器用だが成人しても不器用さやバランスの悪さは残る。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中