発達障害は親の育て方が原因ではない

奇妙な行動をする発達障害は親の育て方が原因ではなく脳の機能不全が原因。

発達障害の原因は親の養育態度ではないが、接し方を間違えれば二次障害を引き起こす。

発達障害は脳の機能不全が原因で脳の複数部分が正常機能せず脳のネットワークにも支障がある。

ASでは側頭葉の一部、扁桃体、前頭前野が機能不全で神経伝達物質が通常より多い。

脳の機能不全の原因は遺伝的要素で一卵性双生児では自閉症連続体が出現する。

脳の機能不全は極低出生体重児の脳の未成熟や出生後の頭部外傷に関係するという説もある。

発達障害に関わる脳の部位は前頭前野、扁桃体、側頭葉。

前頭前野は情報を取捨選択し適切な行動を計画実行する。障害を受けると人の感情推測が困難になる。

扁桃体は情動を判断・記憶する。障害を受けると情動制御不能で好き嫌いが極端になる。

側頭葉は聴覚嗅覚情報を処理し言語理解や記憶制御。障害を受けると表情読取りが困難になる。

子供がアスペルガー症候群だと親もアスペルガー症候群かアスペルガー症候群に近い事が多い。発達障害の出現率は女児より男児が多い。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中