発達障害の原因の一つはエピジェネティクス

発達障害の原因の一つはエピジェネティクスで化学物質等が遺伝子機能に影響を与える事。

1.発達障害になりやすい遺伝子を受け継いでいる
受け継がれた遺伝子自身と体内での遺伝子変異が遺伝子関連の病気の主因だ。

アスペルガー症候群は遺伝子が主因の遺伝病だが必ずしも発症するわけではない。

2.何らかの化学物質が遺伝子の働きを変える。
一般に病気は遺伝的要因と環境的要因が関わって発症するが説明できないものもある。

エピジェネティクスはDNA変異がないにも関わらず遺伝子機能に変異がある事。

エピジェネティクスは遺伝情報が化学物質等の環境因子によって変異を起こすという説。

発達障害に関わる化学物質はダイオキシン、ポリ塩化ビニール、ビスフェノール。

親の遺伝子が環境ホルモンで遺伝子情報が変化し胎児脳の発達時に障害が起こる。

環境ホルモンとは
内分泌撹乱物質とは環境中の化学物質で体内のホルモン作用を乱して悪影響を及ぼすもの。

環境ホルモンが胎児の奇形や機能異常を引き起こし知能、性格、行動にも変化を及ぼす。

脳が形成発達を続けている妊娠初期には環境ホルモンが脳発達を妨げる危険性がある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中