発達障害と併発する病気

アスペルガー症候群は他の病気を併発していることがある。

アスペルガー症候群は遺伝子や脳の機能障害がかかわっている器質的な病気を伴っている事がある。

1.発達障害は発作やけいれんを伴う病気と合併しやすい。

発達障害はてんかんやトゥレット症候群等と併存していることが多い。

てんかんは特有の脳波異常がある。

トゥレット症候群は運動性チックと音声チックがあり、持続期間により3種に分けられる。

2.発達障害が他の疾患と合併しやすいのは遺伝子や脳の機能障害と関係しているから。

発達障害の遺伝子の中にてんかんやトゥレット症候群関連遺伝子もあるので合併しやすい。

発達障害と合併症の脳関連部位が近いので似た機能障害が引き起こされる。

アスペルガー症候群やLD(学習障害)がてんかんやトゥレット症候群の併発の場合、薬物治療が有効。

抗てんかん薬は神経細胞の異常興奮を抑制。トゥレット症候群には薬物や行動療法が効く。

発達障害と合併しやすい主な疾患

てんかん
てんかんは脳神経回路の異常放電により手足や全身の痙攣、意識の喪失等の発作が起きる。

てんかんの原因は遺伝子、出生時や出生後の事故、病気での脳組織損傷、胎内感染症等。

トゥレット症候群
本人の意思と関係なく顔面や体の一部の筋肉が瞬間的にけいれんすることをチックという。

チックには運動性チックと音声チックがあり、両方伴うものをトゥレット症候群と呼ぶ。

トゥレット症候群の原因は不明だが、ドーパミン等の神経伝達物質の異常と考えられる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中