大人のアスペルガー症候群の診断ポイント

成人の場合、アスペルガー症候群の診断は二次障害を起こしている事が多いのでさらに困難だ。

1.先天的か後天的か

いじめなどの経験から後天的に対人関係の問題も生じるので大人の発達障害の診断は難しい。

アスペルガー症候群を疑って受診する人の中には別の要因で似た症状が出現している場合も多い。

発達障害は幼児期からの発達アンバランスが特徴で診断の鍵となる。

2.発達障害か心の病か

アスペルガー症候群は強いこだわりがあり、強迫性障害にも似た症状があり、判別する事が重要だ。

アスペルガー症候群の二次障害としてのうつ病と誰でもかかる可能性のあるうつ病を判別するのも重要。

アスペルガー症候群は発想や話が飛ぶので、統合失調症と誤診される事も多い。

生き方と考える上での3つの診断ポイント

  • アスペルガー症候群は一般に知能が高く、発達の不均衡があっても知能が高ければある程度カバーすることができる。
  • アスペルガー症候群の特性は人により異なり自閉傾向の強弱で社会との関わり方が変わってくる。
  • 大人の発達障害では周囲の環境により二次障害が多発し、症状の程度により対応が異なる。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中